卓球の表彰式

日本の国旗が真ん中に、

左には中国の国旗、そして右には台湾のオリンピック旗

国旗を揚げられない台湾の国民の無念さ?

しかし国歌は「君が代」。

台湾でこのゲームを見ていた人たちは、まずはほっとしただろう。

中国国歌ではなかったことが。

台湾がオリンピックを賑わしていたころ、

台湾には十種競技の楊伝広というメダリストがいた。

そのころは台湾は国旗を揚げていたはずだ。

高砂族出身の運動選手だった。

金メダルを狙っていたのか

銀でいいと思っていたのか。

水谷隼伊藤美誠が中国勢に立ち向かう姿を見て、

俺はそんなことを考えていた。

まさに白鵬に向う関脇の力士にも思えていた。

しかし買った。

俺の驚きは、その試合を俺が見ていたと言うことでもあった。

その試合に俺を導いたのは愛ちゃんが解説というヤフーニュースだった。

そして試合を見ながら、どこかに愛ちゃんの力もとふと思った。

水谷隼が卓球個人戦に選ばれなかったときの寂しそうな顔を思い出す。

しかし、混合ダブルスに伊藤美誠と選ばれたときには、ひょっとしたらほかの卓球選手が羨むことになるのではとも追っていた。

感動した。

水谷隼 1989年6月9日生

「二重性をもつ人」角川誕生日事典

伊藤美誠 2000年10月21日生

「会話の達人」角川誕生日事典

俺だって、1番を目指したのだ

柔道女子の芳田司さんの涙を見て・・・

池江さんだって、何か言いたいかもしれない。

1番になりたいと思って生きている人は世界中に大勢いるだろう。

誰も人の心の奥はわからない。

銀メダルで、銅メダルで満足できない。

そこから人生が始まるのでは・・・

1番になりたかった俺も今ではビリの方だ。

しかし俺の誇りは、まだ続けているのだということ。

恥ずかしながら続けているのです。1番になることではない。

すかっとして生きていくことを。

座喜味米子・前川守賢

7月26日 月曜日

曲目リスト

十五夜 ②情き花 ③かぬしゃま ④思やー小

⑤うんじゅが情どぅ頼まりる ⑥生歌 月夜の恋 前川守賢・座喜味米子

⑦牛庭

ずっと柔道を見ていた。8時からは卓球を見る。

どんなに忙しくても、この番組は見なければと思っている。

俺が生きる力がなくなって死の目前まで見続けられれば、初志貫徹と言っていいだろう。

愛ちゃん登場

8時からの混合ダブルスの解説をすることをヤフーニュースで知った。

たまたまフジテレビ系列のKTSにチャンネルを換えたら、愛ちゃん登場。

やはり愛ちゃんを見たい。

今は柔道を見ているが8時からの卓球混合ダブルス決勝は楽しみだ。

水谷隼伊藤美誠のコンビ、ひょっとしたら何かが起こるのではという期待で

見るつもりだ。

それにしても柔道男子の大野は強いなあ。

ソフトボール アメリカ選

日本のピッチャーはホームランを3本打った藤田瞳

今からプールに行くのだが、わくわくして見ている。

このオリンピックでソフトボールに関心を持った。

アメリカ選を見ながらひとりごとを呟いている。

俺はアメリカが好きなんだなあと。

戦後生まれの団塊の世代

子どものころから、アメリカは正義の味方に見えていた。

もちろんソフトボールの金メダルを期待している。

アメリカ人を目にしっかり覚えておこうと思っているのだろう。

曹操の死

西暦220年、曹操66歳の死。

中国ドラマ「三国志」のこの場面を見て、

7月26日は始まっ た。

オリンピックで一番見たかった試合、

阿部兄妹の活躍を昨日は見た。

今日はソフトボールアメリカ戦を見ながら出発。

柔道は録画してみる。

オリンピックで毎日起こってくる、思いもしなかったドラマがおもしろい。

一番見たい素根朗の柔道、彼女の柔道が世界でどのように通用するのか見て見たい。

昨日優勝した阿部詩との金鷲旗大会の決勝。

想い出深き、巌流島の決闘だった。